自己判断のケアはダメ

女性

治療後のケア方法に気をつけましょう

ボトックス治療をした後は、入浴をしても問題ありません。ただし、入浴をする際は体温を高めないようにして下さい。なぜなら、ボトックスは熱に弱いからです。ボトックスを注入した体に熱を与えてしまうと成分が分解されて、効果が薄れてしまいます。体温を高めてしまうと患部が腫れたり、痛みや内出血が起こったりする場合もありますので、入浴をする際はいつもより温度を低めにして、長風呂を控えて下さい。顔や体を洗う時は、患部を強く擦らないようにしましょう。ボトックスを注入した部位を擦ってしまうと、成分が他の部位に拡散してしまい、ボトックスの効果が発揮してくれなくなります。ボトックス治療をして、小顔効果を高める為にマッサージをする方も多いでしょう。しかし、激しいマッサージもボトックスが拡散してしまうので、効果が現れるまでは必要以上に患部に触れないようにして下さい。特に顔にボトックスを注入した場合は、患部に圧力をかけないように寝る時は、仰向けに寝るようにしましょう。ボトックスを注入していない部位にマッサージをしても問題はありませんが、医師によって判断は異なりますので、マッサージをよくやる方は医師に確認をしておいた方が安心です。体温を上昇してしまうので、飲酒も控えて下さい。アルコールを摂取してしまうと筋肉に直接的に作用が働いてしまい、効果が薄れるだけではなく、具合が悪くなる恐れがあります。ボトックスは注射を打つだけなので、傷跡があまり目立たつメイクで隠す事ができます。治療後にそのまま出かけても大丈夫です。しかし、注意をしないといけないのが激しい運動です。ボトックスを注入する事で筋肉は、治療前と比べて弱くなっています。筋肉が弱っている状態で無理に重い荷物を持ったり、長時間運動をしたりすると怪我をしやすくなったり、目眩や頭痛などの副作用を引き起こす危険性があります。治療を受けた日は、安静にしていた方がいいのですが、どうしても体を動かしたい場合はヨガや体操等の軽めに運動をぐらいにしておいて下さい。万が一、治療後に副作用が出たら、早急に医師に相談しましょう。ケアを間違えて、体に異変があったらすぐに対応してもらえるように、アフターケアをしてくれるクリニックを選んでおくと安心ですよ。

Copyright© 2019 ボトックス治療であれば傷跡を残さずに綺麗になれる! All Rights Reserved.