ボトックスのやりすぎ注意

男医

ボトックスを注入して本当に副作用が出ない?

美容クリニックで使用されているボトックスは、毒は入っていないので、体に害を与える事なく安全に治療を受ける事ができます。ボトックス治療をすると体への負担が少ないですが、全く副作用が出ない訳ではありません。ボトックスを顔や体に注入すると筋肉の働きを弱めてしまいます。筋肉の働きが弱くなると筋肉が鍛えられにくくなるので、エラ張りや表情ジワを防いでくれます。しかし、ボトックスを大量に注入してしまうと表情筋が固くなり、笑ったり、怒ったりするなどの表情を作るのが難しくなります。本人は笑っていても、周囲からは顔が歪んで、引きつったように見え、不自然な表情になってしまいます。ボトックス治療が人気がある理由の1つは、徐々に効果が出る事で周囲に整形した事が悟られにくい所です。せっかくボトックス治療をしていても、表情筋を動かす事ができなくなれば無表情な印象を与えてしまうので、整形をした事がばれやすくなります。ボトックス治療は、注射だけを使用するので、一見簡単そうな治療に見えますが、注入する部位や量を間違えてしまうと思わぬ副作用が出る場合もありますので、治療を受ける際は実績豊富な医師がいるクリニックで治療を受けるようにしましょう。ボトックス治療をして、満足のいく仕上がりになっていなくてもボトックスの効果は半永久的ではないので、効果が薄れていくと元の顔に戻っていきます。ただし、失敗具合によっては時間が経っても戻らない事もあります。その場合ですと顔を治す手術をする事になりますが、完璧に元の顔に戻る可能性は低いと思った方が良いでしょう。ボトックス治療をする際は、デメリットや副作用を知った上で、治療を受けるか判断して下さい。ボトックス治療で副作用が多いと言われているのが、内出血です。これは注射の針が細い血管に当たる事で起こる症状です。できるだけ血管が当たらないように治療は行われますが、まれに血管が当たる事もあります。しかし、内出血が起こっても1週間程で治りますので、医師の指示に従っていればひどくなる事もありません。アレルギーが起こる事はほとんどありませんが、体質とボトックスが合わなかった場合はアレルギー反応が出る事もありますので、心配な方は治療を受ける前に医師に自分の体とボトックスの相性を調べてもらった方が良いでしょう。

Copyright© 2019 ボトックス治療であれば傷跡を残さずに綺麗になれる! All Rights Reserved.